求人の”応募条件”~求められるパソコンスキルとは?~

◎就活・転職相談室(設定)

Excelが使えた方が就活・転職で有利と聞いたけど、
どの程度できればいいのか分からないなぁ。
企業が求める基準ってなんだろう💦
資格とか取得しといたほうがいいのかな?

人物アイコン

その通り( ゚Д゚)クワッ
ドアが勢いよく開く!!

資格取得は就活・転職でパソコンが
ある程度使える証明書として、非常に強い武器となります!!
ですが、実際の仕事でその知識をどの程度使うのか。
その辺も気になりますよね。

人物アイコン

このテンプレに、もう慣れてしまったトリル。

今日も元気ですね。ユウ先生。
まあ、ちょっと気になります。
やっぱり資格の内容はほぼ必ず仕事で使うのかな?

人物アイコン

パソコンの資格は何がおすすめか?

業種にもよるけど、
①エンジニアなら「MOS資格&プログラミング言語」
②事務職なら「MOS資格&ICTプロフィエンシー検定(P検)」
共通してITパスポートの取得もオススメしておきます!
資格を持っていると面接で自信が付きますよ♪

人物アイコン

MOS = Microsoft Specialist 資格

実務でMOS資格の内容をどこまで使う?

実はわたくし、MOS2016マスターの資格を取得しております(*‘∀‘)

正直、かれこれ6年近くこの業界におりますが、
業務で資格試験範囲の3割程度しか機能を使用しておりません。

Excelを例に挙げると、以下の通り。

・罫線を引く
・セルの結合
・中央揃え
・太字
・セルの塗りつぶし
・図形の挿入
・シートの追加
・フォントの色
・印刷
・用紙サイズの変更
・テキストボックス
・計算(加算・減算・乗算・除算)
・SUM・Count・Max・Min・IF・Vlookup関数
・円グラフの作成
・条件付き書式設定
・データの入力規則

これくらいです!

MOS資格取得が人気な理由とは?

2020年2月29日、MOS受験者は440万人を突破しました。

実際、実務で受験内容に出題される機能を利用する機会は、
限りなく少ないですが、なぜ受験者が多いのか?

それは、

「最低限のパソコンスキルを証明できる」
「学んだ機能をアピールしなくてすむ」

からです。

採用担当者は、MOS資格の受験範囲を
インターネットで把握できるので、
あえて面接時にアピールする必要はありません。

MOS資格の知識を活かした制作物があれば、
プラスの材料となります。

今現在、中小企業は少しずつIT化が進んでおり、
パソコンを利用する機会が増えております。

そのため需要はあるのですが、財力が少ない企業も多く、

「人件費をできるだけ抑えたい」

このように考える企業さんが多いです。
なので、派遣さんやパートを雇います。

更に派遣・パートの中でも、

「迅速に仕事ができる」

人材を企業は重視し、
長期的に会社で確保したいわけですが、

その指標として、「MOS資格」が挙げられます。

なので、全国的にMOS資格の取得が人気なのです。

中には、MOSマスターを目指して、差別化を図る人もおります。

「就活・転職で有利になるから、MOS資格を取得する」

このように考える人が多いです。間違っておりません。

ただ、この考え方で受験すると資格取得後にかなり忘れます。

ではどういった考え方ならよいのか?

「就職後の仕事に活かすため、MOS資格を取得する」

こういった考え方で、受験に向けた学習を行うことが望ましいと思います。

この認識の違いによって、直属の上司に

①できる人と思われるのか
②資格を持っているのにできない人と認定されるのか

と評価が変わってきます。実際私がそうでした(*´з`)

そのため、資格取得だけに焦点を当てると、
後で痛いしっぺ返しを食らうことになりますのでご注意を!

MOS資格よりも大切なこと

MOS資格はあくまで、Office製品にのみ特化してます。

逆を言えば、

「Office製品以外はどうなのか?」

という話にも面接でなります。

実際、Excel単体で仕事を行うことは少ないです。

Office製品も含め、複数のアプリケーションを利用して仕事を行います。
当然、一般的なパソコン用語も飛び交います。

私が、MOS資格以外で重要視する事柄は経験上、以下の2点です。

1. 「ハード面」・「ソフト面」の知識
 ICTプロフィエンシー(P検)の3級,2級の受験勉強で必要最低限の知識は身に付きます。
 おまけにタイピング速度向上とWord・Excelの応用力も身に付きます。

2. 問題解決能力
「人に頼らずパソコンのトラブルをインターネット検索で自己解決」
 が出来れば問題ありません。

他にもプラスアルファで何か資格があると非常に強い武器となります。
例えば、Java資格・英検・簿記などなど(^_-)-☆

最後に

2020年2月から新型コロナウイルスの影響により、
人手不足の「売り手市場」から「買い手市場」に切り替わりました。

「40歳以降の従業員に対する希望退職という名のリストラ(終身雇用制度の崩壊)」
「40歳未満でも飲食業・観光業・運送業に携わる従業員のリストラ」

などリーマンショックを超える「就職・転職」難の状況を📺でもよく見ます。

「明日は我が身」という言葉があるように、
常にリストラになっても迅速な転職活動ができるよう、
スキルUPを心掛けて仕事に臨むように心変わりしました。

ご支援お待ちしておりますヽ(゚∀゚ )ノ

当サイトが少しでも役に立った!と感じたら
ビットコインでのご支援をどうかよろしくお願いします。

▼▼①ビットコインの送信先QRコード▼▼

▼▼②ビットコインの送信先アドレス▼▼
13KqHpJ8envusFLeXcyhnYpK1DnyYQ8goq

パソコン
スポンサーリンク
ユトリグ

コメント