SoftBank光からNURO光に変えたら月額2,500円の節約に成功

ドモ!
管理人のユウです。

ここ最近、実家付近でNURO光回線が通るようになりました。

そのタイミングを見計らってか、
仲介業者のセールスマンが来訪し、

「実家付近でNuro回線が通るようになったので、
SoftBank光からNURO光に変えませんか?」

と営業してきたので、
キャンペーンの特典内容を確認した上で、
今回契約してみました( ̄+ー ̄)

契約に至った根拠

色々話しを聞きましたが、以下の内容に魅力を感じました。

①工事手数料が無料
②事務手数料が無料
③初月利用料が無料
④月額利用料の減額
⑤インターネットに繋がる速度向上
⑥SoftBank光違約金分の支給

特に適切なタイミングでないと、
必ず発生する違約金についての費用負担分を
全額支給してくれることに魅力を感じました。

唯一のデメリットは、こちらで機器の接続を行うことです。

ユウは自分でやる方が好きなタイプなので、
特に問題はなかったですが、

IT用語やPC機器に慣れていないと少し苦労するかもしれません。

唯一発生したトラブル

実家の回線状況は以下の通り。

◎旧接続機器
①SoftBank光モデム(ONU、電話回線)
②SoftBankルーター(ルーター)

◎新接続機器
①Nuro光モデム(ONU、ルーター) ※HG8045Q
②Nuro光電話(電話回線)

機器の接続交換が一通り終わった後、
1つ思わぬトラブルが発生したので、共有します。

「インターネット接続が頻繁に切れる」

必ずではなく、
早朝や夜中に発生することが多かったです。

安くても安定性がなければ論外だと最初は憤慨したのですが、
NURO光は口コミの評価が高いので、何か原因があるのだろうと調べたところ、
「SoftBank光モデムも接続していた」ことが原因であることが判明しました。

その時の機器接続状況です。

Nuro光電話⇄Nuro光モデム⇄SoftBank光モデム

正しくは、

Nuro光電話⇄Nuro光モデム

これだけでいけます!

普通に考えれば、「SoftBank光モデムを接続する必要はないでしょ」と思いますが、
実は実家のSoftBank光モデムで使われていたのが「光ファイバーケーブル」だったため、
Nuro光モデムも「光ファイバーケーブル」を差して電話回線の接続を行うのだろうと、
固定概念を持っていたことがトラブルの元でした。

そのため、電話回線に繋げられる機器がSoftBank光モデムだけと勘違いし、
Nuro光モデムと並行接続した結果、「SoftBank光・Nuro光」モデムに元々備わる
光回線の競合により、「インターネットの接続が途中で切れる」という現象に繋がってしまいました。

今の時代「光ファイバーケーブル」は古く、付属の「モジュラーケーブル」を利用することで、
電話回線の接続が可能なんですね。知らなかった(/ω\)
Nuro光モデムには、「モジュラーケーブル」を差す場所があったため、
SoftBank関連の機器は全く利用せずに、快適なインターネット環境を整えられました。

ネット記事では、HG8045Qの管理者サイト「192.168.1.1」にアクセスし、
「チャンネルを自動から固定(1とか2)に変える」など設定変更についての
内容が多く見受けられました。

最後に

SoftBank光契約時は、毎月8,500円の請求でしたが、
今回の切り替えにより、5,767円に抑えることに成功しました。
実質2,500円前後の減額。年間30,000円の節約(*’▽’)

ただNTTでは、「ナンバーディスプレイ」機能を利用していたため、
仮にNURO光でも同様のことをしようとすると、
「490円」前後のオプション契約が必要となります。

その辺は利用頻度や予算と相談して、
今後決めていこうかなーと思ってます。

ではまた次回♪

ご支援お待ちしておりますヽ(゚∀゚ )ノ

当サイトが少しでも役に立った!と感じたら
ビットコインでのご支援をどうかよろしくお願いします。

▼▼①ビットコインの送信先QRコード▼▼

▼▼②ビットコインの送信先アドレス▼▼
13KqHpJ8envusFLeXcyhnYpK1DnyYQ8goq

独身男の節約術
スポンサーリンク
ユトリグ

コメント