【暗号通貨編 #3】草コイン・ICO・IEOとは?

ドモー
管理人のユウです。

2021年。ビットコ以外のアルトコイン価格が上昇して、
いよいよ初心者には手が出し辛い状況になって参りました。

価格が上昇することは認知度が高まっていることなので、
安心・安全な通貨になりつつあることを指しているので
喜ばしい限りですが、ムーンはあまり見込めないですね。

大暴騰=ムーン(月に向かっておしおき…ではなく、一直線に価格上昇)
大暴落=ナイアガラ(滝のように価格が下落)

さて、今回は「宝くじ」や「馬券」のようなヒットすると数十倍の利益が見込まれるが、
最悪価値が「0円」の可能性も秘めているエキサイティングな草コイン、ICO、IEOについてご紹介します。

草コイン

暗号通貨
ビットコイン アルトコイン(時価総額が高い)
草コイン(時価総額が低い)

明確な基準はないですが、
時価総額が低いかつ知名度も低い暗号通貨を指しております。

一例ですが、メ〇カリが時価総額・知名度ともに高いとすれば、
比較するとPay〇ayフリマが上記に類似するサービスです。

時価総額を一言で表すと「市場価格×発行枚数」です。
(例)「Coinmarketcap > Stellar」
①「Stellar価格」⇒「市場価格
②「循環サプライ(Bは「0」7桁を指します)」⇒「発行枚数

数円、数十円単位で複数の草コインを購入することができる利点がありますが、
誰でも投資しやすい分、デメリットも存在します。

①ホワイトリストに記載されておらず、通貨の信頼度が低い。
価値がいつまでたっても上がらず、
最初からお金を摂取することが目的で作られた通貨である可能性が高い。

②海外取引所を経由しての取引
トラブル時はメール対応(英語)
③取引所によっては、急に事前予告なく閉鎖することもある。
保証がない。

暗号通貨の取引所は国内だけでなく、海外にも多く存在します。
海外取引所を利用する理由は以下の通り。

価値上昇の可能性を秘めたアルトコイン(草コイン含む)の
取り扱いの種類が豊富かつ草コインに対して分散投資(リスクヘッジ)できる

ユウが開設している取引所は以下の通り。
どの取引所も英語表記ですが、Google翻訳を利用しました。
また、他取引所への応用も効きます。

①海外取引所(BINANCE
〇優れている点
1. 大手取引所の一つで、海外取引所の中では断トツに信頼できる
2. アルトコインの種類が豊富
3. 日本人も積極的に利用している ※ハッキングから防いだ実績がある

②海外取引所(Gate.io
〇優れている点
1. 世界トップ10の取引量を持つ(人気)取引所である。過去GOX(ハッキング事件)の経験もない
2. 草コインの種類が豊富

私がガチホするMTN(MedicalChain)も購入できます♪

海外取引所の利用は、2017年から人気です。
なぜならヒットすれば、「億り人」も夢ではないからです(*‘∀‘)

◎海外取引所を利用する上で、留意すべき懸念事項が3つあります。
①「国内>海外」への送金手数料が1,800円前後(ETHの場合)取られる。
※「海外>国内」の送金も考慮すると、3,600円以上の利益が見込める通貨を選定する必要がある。
そのため、通貨はきちんと選定しましょう(*’▽’)

「海外>国内」は不要じゃない?海外で日本円(JPY)に両替して銀行に振込でええんちゃう?
と思われるかもしれませんが、海外取引所では日本円(JPY)に両替できません。
そのため、日本の銀行口座へ海外取引所から出金ができません。

②海外取引所によっては、エアドロップの対象外となる可能性がある。
特定の通貨を海外取引所に置いておくことで、無料で通貨を貰えるイベントがありますが、
取引所によってはエアドロップの対象外となる場合もあります。
直近では、ネム(NEM)を取引所に預けた数量に応じてシンボル(XYM)が配布されました。
大体上文で紹介した2つの海外口座開設で配布されるケースが多いです。

エアドロップとは?
その通貨の価値を上げるため、無料で暗号通貨を配布する行為を指します。
新商品の化粧品作った。でも認知されていないから商品が売れない。どうするかー。
はじめは負債覚悟で宣伝としてPRするため、お客様にプレゼントのようなイメージです(^^♪
私たち的には貰えるものは貰っておきましょう!将来価値が上がるかもしれません。

③海外取引所によって「KYC(本人確認)」が必要な場合があります。
国内の取引所開設時に「免許証」や「保険証」の提示を求められてアップロードしたと思いますが、
海外の取引所も同様に、詐欺防止のため提出を求められることがあります。

ICO(資金調達プロジェクト)

暗号通貨(カレンシー) 暗号通貨(アセット)
ビットコイン
アルトコイン トークン(代用貨幣)
草コイン

ICOは株でいうところのIPO(未公開株を安く購入できるプレセール)に該当します。
草コインと異なるのは、1通貨単位で購入することはできず、
100通貨単位とセット購入することが基本となります、

そのため、草コインよりも元本が必要となります。

また、ICOで受け取った通貨を「トークン(代用貨幣)」と呼びます。

暗号通貨とトークンの違いとは?
結論から話すと、オリジナルのブロックチェーンを持っているか否かの違いです。
暗号通貨にはタイプが存在します。それがカレンシーとアセットです。オリジナルのブロックチェーンを持っていれば、カレンシー。
持っていなければアセットに該当します。
暗号通貨はオリジナルのブロックチェーンを持っています。
対してトークンは持っていません。この違いがあります。
※ブロックチェーン=一言で不正防止に優れている画期的なシステムを指します。

もう少しかみ砕くとカレンシーはDSやPSP,PS4,Switchなど本体
アセットは本体に接続するカセットです。
カセットは本体がないと遊べませんよね(*’▽’)

そのため、トークンは暗号通貨のブロックチェーンを借りて稼働しています。
それに伴い、本体価格の上昇・下落の影響がトークンにも反映されます。

ICO(ICO案件とも呼びます)は膨大な数存在します。
将来伸びそうなプロジェクトに投資することで、
一般公開される前に通貨の最低価格で購入することができる利点があります。

ICOは草コインと異なり、どの取引所にも上場しておりません。
目標となる資金の調達が完了し、投資先のプロジェクトから「ここに上場します」と告知
その後、投資家間での取引が開始されるのが通常の流れです。
日本はICOを実施することが法律でグレーゾーンのため、海外サイトの利用が必須です。

初回上場先の取引所が大手であれば、運十倍の利益を獲得できる確率が高いことから
2018年は絶大な人気を誇りました。後に2018年はICO元年と呼ばれます。
ところがそのほとんどは、LINE@,Twitterを利用した詐欺(プロダクトローンチ)でした。
また法整備による規制発言が頻発したことで、この年は暗号通貨全体の大暴落が相次ぎました。
今ではこの言葉自体忌むべきものとなってしまいました。

IEO(資金調達プロジェクト②)

不評のICOに代わり登場したのがIEOです。
ICO・IEOの違いですが、ICOは発行したいトークンを取引所にお金さえ払えば
上場できる確率が高いですが、IEOは上場先の取引所が提供元の企業やトークンの有用性を
きちんと調査するという違いがあります。つまり、国産と言いながら実は外国産だった。
なんてことが起こらないように取引所が責任を持って品質の保証をしてくれているということです。

最近だと、コインチェックの国内初IEO(パレットトークン)が有名ですね。
ユウも10口応募しましたが、抽選で1口(1000PLT)当たりました(*‘∀‘)
1通貨=4円でしたww

まとめ

今回は特殊な暗号通貨の投資方法についてご紹介しました!
どの投資方法にせよ、ポイントは以下の3点です。

①目的(問題を解決)
共感できるか?数年ホールドし続けられるほど支援したいプロジェクトか?
②流動性(普及)を高める手段
1. 差別化されたマーケティング戦略は立てられているか?
2. 上場後のプランが明確にされているか?
③トークンの価格は適正か?
1通貨:10円未満推奨

2021年も一度ビットコインに合わせて暗号通貨全体の価格が軒並み下がりましたが、
これまでの無法地帯(ルールが存在しない)を法整備(ルールを制定)して
投資家が安全な投資ができるように国が動いている信じているため、悲観はしていません。
なので、ユウはXLMとMTNを塩漬けしています。

塩漬けは、元本よりも価値が下がった状態で売却できないことを指します。
※損失を理解して売却しようと思えばできます。
ガチホは元本よりも価値が高く、いつでも売却できる状態の違いがあります。

また以下は2019年のものですが、ご覧の通り、暗号通貨は時価総額が30兆円となっており、
法定通貨の代用となれば、将来的にどれだけ凄いことになるか期待もまだまだできます。

1位:法定通貨(9900兆円)
2位:株式市場(8000兆円)
3位:金(850兆円)
4位:暗号通貨(30兆円)

暗号通貨やトークンの選定、海外取引所への送金など注意すべき点は幾つかありますが、
乗り越えることができれば、資産が日々増える喜びを実感できますのでぜひ挑戦してみましょー( ゚Д゚)

ではまた次回♪

ご支援お待ちしておりますヽ(゚∀゚ )ノ

当サイトが少しでも役に立った!と感じたら
ビットコインでのご支援をどうかよろしくお願いします。

▼▼①ビットコインの送信先QRコード▼▼

▼▼②ビットコインの送信先アドレス▼▼
13KqHpJ8envusFLeXcyhnYpK1DnyYQ8goq

ゼロから始める暗号通貨生活
スポンサーリンク
ユトリグ

コメント